【ダイエット脳からの脱却】マイベストな自分を目指す意識改革もでき、とても大きな収穫でした。

ダイエット脳の始まり…ストレスは溜まる一方

何でもかんでもストレスのせいだと感じ、言い訳が多くなる日々

これまで、様々なダイエットにチャレンジしては失敗してきた私のダイエット歴は、中学2年生頃からですが、成長期のダイエットは代償が大きく、貧血になり鉄剤(造血剤)を処方される始末で、その後も、ことあるごとにダイエットにチャレンジしては失敗し、リバウンドを繰り返し続けてきました。

就職して、それなりに世間の荒波にもまれると「ストレス」を感じるようになり、なんでもかんでも、このストレスのせいにして、自分を甘やかして、言い訳も多くなり、生活習慣が乱れると同時に代謝も悪くなっていきました。

20代半ばを過ぎた頃、家族に不幸が重なり、精神的なダメージを受けながらも、自分が頑張らなくてはと必死になりすぎたことで、無意識のうちに負荷がかかっていたんだと思います。食事量は変わらなくても、とにかく代謝が悪く、たった2ヶ月程で、体重が10kgも増え、常に足が浮腫んでいる状態でした。

追い討ちをかけるように、仕事も多忙を極め、不規則な生活に拍車がかかった頃、さらに、体重は増え続けていきました。それでも、スポーツジムに何度か行って、プールの中を歩いてみたり、マシントレーニングに挑戦しましたが、トレーナーが指導してくれる環境ではなく、自分だけではうまくいかなくて、入会を断念しました。

近所にホットヨガスタジオが出来た時には、毎週、せっせと通い、それなりに代謝アップとデトックスを実感したものの、だんだんと飽きてしまい、結局、長続きしませんでした。この辺りになると、何かにつけて自分に言い訳を始め、何をしても痩せない日々。息をしているだけでも増えてるんじゃないかと思うほどでした。とにかく、常に体重の増減に一喜一憂し始めます。これが「ダイエット脳」の始まりだったのかもしれません。

大きいサイズ専門の洋服すら着られなくなる事態に…

さらに時が経ち益々太り続けると、ついに、着る物に困る時がやってきました。デパートやファッションビルに入っているような「大きいサイズのお洋服」なんてレベルの服では、着られなくなる事態が発生し、買いに行くのも恥ずかしくなり、最終的にはショップ店員に会う必要がないネットで、大きなサイズの洋服を仕入れるようになってしまいました。おしゃれとは程遠い、着られる布を探しているような感覚です。

とにかく毎日、毎日、痩せたいと思っているものの、太り過ぎて恥ずかしいから、ジムにも行かれない。通勤以外、だんだん外にも出なくなっていき、休日には家を一歩も出ないことも珍しくありませんでした。

痩せたいけど、痩せられない、本当は痩せたくないのかな?と思うような生活がひたすら続き、CMやテレビ番組では芸能人や太った一般人が劇的に変化したりするのを見て興味は持ちましたが、自分とは違う世界の話と思いつつ、こんなジムに通えたら、私でも痩せられるのかなぁ?どのくらいの期間通えばいいんだろう?費用はどのくらいかかるだろうか?なんてことを考えるだけで、なかなか行動には移せません。

そこから、さらに数年が経過し、健康状態はどんどん悪化していきました。体重は20歳の頃より35kg以上も増え、さまざまなアレルギー、蕁麻疹や花粉症、喘息、睡眠時無呼吸症候群、高血圧、偏頭痛…。さらには、すぐに転倒し捻挫を繰り返しました。太り過ぎによって不健康を極め、このまま何歳まで生きられるだろうと自問自答。それでも、まだ重い腰があがりませんでした。

しかし、こんなにも腰の重過ぎた私が、ついに動き出す「きっかけ」がやってきました。

プロの手を借りてみようとネット検索し、吉川メソッドに決めた

吉川メソッドはセレブばかり通うジムだと思い込んでたけど違った

43歳が終わるまで、あと4ヶ月となったある日、ふと、こんなことを思ったのです。

「私は、10年後に生きているのだろうか?」

思い起こしてみると、私がベストな体型だったのは、小学生の頃くらいで、あとは、ぽっちゃりからデブまっしぐら。あと何年生きるかわからなけれど、今ならまだベストな体型を目指せるのではないだろうか?ただ、今まで何度も挫折を繰り返しているだけに、一人では実現できないだろう。仕方ない、もう、プロの手を借りてみよう!と、2つのジムの情報を調べ始めました。ひとつはR社のジム。そして、もうひとつはテレビで見て気になってた吉川メソッド。

現実的なのはR社のジムだけど、私が確実に痩せられそうなのは吉川メソッドなんだろうなとは何となく思っていました。それぞれのジムの評判を調べると、R社はいろいろ知ることができましたが、吉川メソッドは良いも悪いも評判があまりネットには出ておらず、テレビで見たように、芸能人を変身させた実績と、webサイトに掲載された、ムッキムキになった方々の写真が出て来るばかり。参考になるような、ならないような…。

それでも、やはりどうせ行くなら吉川メソッドがいいと思いつつ、慎重になり過ぎて、また身動きがとれなくなりました。「そもそも、私なんかが行っても大丈夫なのかな?場違いじゃないかな?高額ジムだから、やっぱりセレブ的な人たちばかりで、庶民が行くようなところじゃないんじゃないの?」これが、私の正直な気持ちでした。実際通われているお客様は私を含めいろんな方がいらっしゃるようで、セレブご用達とは違うようです。

運良く吉川メソッドがキャンペーン期間中で、その期限が迫っていたことも手伝って、やっと無料カウンセリングの予約ができました。カウンセリング当日は緊張しながらエレベーターに乗り、扉が開いてびっくり!落ち着いた内装で、汗臭いジムと全然違いました。いい香りしてるし…。

個室に通され、待っていると、「こんばんは〜」と、吉川先生が登場。その時の私の心情は、ヤバいところに来てしまったかも…。やっぱり場違い感が否めないな…。といった感じでした。何だか、いろいろ圧倒されてしまいました。良い意味で(^^)

先生から説明を受けながら、率直に聞いてみました。「私は何ヶ月で何kg減らせますか?」「5ヶ月で18kgくらいかなぁ。」と先生。私の頭の中で、計算が始まりました。そんなにお金かけられないかも、どうしよう、どうしたらいいんだろう…。でも痩せたい。仕方ない!ここまで来たんだから、やってみよー!!と、腹をくくりました!

とりあえず1ヶ月間、吉川先生に指導をお願いして、2ヶ月目以降は、他のトレーナーさんにお願いするつもりで入会を決心しました。2日後にトレーニングの予約をして、先生のLINEを登録してジムを後にしました。帰り道、先生から最初のLINEが来た時は、少し緊張もほぐれ、これから何とかやっていけるかもしれないな。と初回トレーニングを楽しみにすることができました。

ピンポイントで狙った箇所だけに筋肉痛が!

トレーニング初日。緊張しながらも、いろいろと説明を受け、トレーニングルームに移動。まずは着替えて、身体の測定と写真撮影。トレーニングを開始直後、私は筋肉をどこかに置いてきてしまったのか?というくらい、どのトレーニングも自分では全然できませんでしたが、ミリ単位で調整すると豪語する吉川先生のサポートがあるので、1箇所10回程度しかトレーニングしていないのに、ちゃんと狙った筋肉にアプローチするそうです。

初回トレーニングが終了し、駅の階段を降りる時、太腿がブルブルしてました。翌日、生まれて初めての感覚に驚かされたのが「筋肉痛」。これまで体験した筋肉痛は、全身のあちこちが痛くて、どの筋肉なんてことは意識したこと無かったですが、前日にトレーニングした筋肉だけが、ピンポイントに痛くなったのです。周りや他の筋肉は全く痛くない。吉川先生、すごーい!!まさに、「なんじゃこりゃー」でした。

初めての食事報告時に、すでに1kg減。え?あれだけ、毎日一喜一憂して半身浴しまくっても減らなかったのに?俄然やる気が出てきた!本当に痩せられるかも!と思ったら、急にやる気スイッチが入ったのか、ストイックに取り組めました。

週1回、ジムに行って、約2時間トレーニング(一つ一つのトレーニングの間のインターバルが長くてビックリ)インターバル中は雑談しながら、私の性格とか見られていたんでしょうね、多分(笑)ジムに行く以外では、筋トレ無し(^-^)

毎日、腹筋とかスクワットを何十回もやると思っていたので、え?無いの?何もしなくていいの?と何でもかんでも驚くばかり。ただ、有酸素運動は取り入れるように言われたので、毎日、ウォーキング(できる時だけでしたけど)季節がいい時は早朝と会社帰りを使って、1日4〜7kmくらい歩きました。日に日に体重が減っていくことが自信にもなり、日々の生活も少しずつ変化していきました。

通勤時のエスカレーターを一部階段に変えてみたり、階段は1段抜かしにしてみたり。ダイエット前は、階段を昇れば息切れするし、その後しばらくドキドキしたままだったのが、回復も早くなって、とにかく動きたくなったのです。あんなにビクともしなかった体重はどんどん減っていくので、夢でも見ているようでした。何度となく、吉川先生に「まだ、狐につままれているみたいです。」と言い続けましたね。

メンタル面のサポートが一番心強かった

頑固な私の思考も進化するほどのメンタルサポートで、プライベート面でも気持ちが楽になった

食事はとにかく断糖。肉や魚、卵、チーズ、レタス、舞茸を中心に食べ続け、早く結果を出したい一心でカロリーも制限し、カロリー計算も行いました。

あっという間に1ヶ月目が終わり、2ヶ月目の更新時には、期待と欲が出てしまい、せっかくだからと、吉川先生に続けていただきました。ダイエットは順調に続きましたが、吉川メソッドの凄さは、これだけではありません。

誰だって、生きていれば、日々、いろいろなことが起こります。トレーニングを開始して2ヶ月が過ぎた頃に、私にはかなりストレスを感じる事が起きました。以前の私であれば、間違いなく乗り越えられなかった事案だと思いますが、吉川先生の指導は、筋トレだけではく、メンタル面のアドバイスがピカイチなので、この頑固な私の思考をも進化するほど。とにかく、心身ともに強くなったような気がします。食事、運動、メンタルも、迷った時には、いつでもLINEで質問させていただいたので、とても心強かったですね。

体重だけでなく、身体の中が少しずつ変化し、健康になっていくのを日々実感しました。前半は体重が大幅に減り、後半は見た目の変化。周りの人たちが痩せたことに気づきはじめた頃には、自身で身体を触ると、脂肪が無くなっていて、あら?え?ここも?と、とても驚きました。

ただ、久しぶりに会った人には、少々戸惑わせてしまいました。私の顔見ても無反応だったので、痩せたことに気づかないのかなぁ?と思いましたが、実はそういうことではなく、明らかに痩せてるけど、痩せたと言っていいものだろうか?もし、病気だったら困るし。でも、具合が悪そうにも見えない…。と、葛藤したそうです。

R社のジムに通ったのかと聞かれることも多いですが、いやいやいや、そうではないよ、もっとスゴイ「吉川メソッド」ですから、と宣伝しています。まあ、R社がスゴイかスゴクないかは、行ったこと無いから分かりませんが…。

それにしても、こんな短期間に体重を減らすと、身体中の余った皮がびろーんと弛んでしまい、切除手術というのは、テレビで何度も見たことがあります。私自身、その弛みを覚悟していましたが、吉川メソッドの指導では、全く気にする必要がありませんでした。シワや弛みどころか、ハリが出てるのですから。

短期間で痩せたことで、脳が追いつかないのか、自分の横幅に慣れず、人とすれ違う時に必要以上に避けてしまったり、狭い隙間なのにお腹を擦ることなく通れたりすると、ちょっと笑ってしまいます。

4ヶ月のトレーニングを終え、ついに吉川メソッドを卒業することが出来ました。それと同時に、ダイエット脳からも卒業し、断糖生活を生涯続け、マイベストな体型を目指すと、決意しました。以前よりは痩せたものの、まだまだ太っていますが、今は周りの目を気にすることは無くなりました。

カロリーを気にせずたくさん食べ、太ることもなく、風邪も引かなくなりました

現在のトレーニングは、吉川先生の「筋トレ完全バイブル」から、今日はスクワット、明日はルーマニアンデッドリフトという具合に毎日1種類ずつの筋トレを行なうようにしています。まだ本に書いてある程はこなしきれないですが、なるべく丁寧に行なっています。

卒業後の食事は、断糖だけ気にすればいいので、カロリーも気にせず、たくさん食べていますが、ブクブク太っていくことはありません。断糖生活について、周りの人たちからは、私には無理!とか、ご飯やパンを食べなかったら何を食べるの?少しは糖質も食べないと身体に悪いんじゃないの?極端すぎるんじゃないかなど、いろいろ言われますし、好奇な目で見られることもありますが、今の私は確実に健康体となっていることを実感しているので、間違っているとは思いません。

お米やラーメンが食べたいと思うことはありませんが、今はたまに炭水化物を食べてしまった夢は見ます。かつて、禁煙をした際にも、たばこを吸ってしまう夢を見たりしましたが、同じようなもののようです。まだしばらく夢は見るかもしれませんが、とにかく断糖は生涯続けるつもりです。

身体の不調もかなり改善しましたが、何より、風邪をひかなくなりました!20年以上の会社員人生の中で、恥ずかしながら、冬に風邪をひかなかったことは、記憶にありません。オフィス内に罹患者がいれば、すぐにうつされるくらいでしたが、今は何でもないのです。これは、私にとってものスゴいことです!!

吉川メソッドで体験したダイエットは、これまでの概念を全て覆され、毎回、目から鱗の情報ばかりでした。もっと早く来れば良かったと少し後悔しています。過去のどんなダイエットよりもこんなにラクして減量でき、健康体を手に入れることができたので、1人でも多くのダイエッターの参考になれば幸いです。

吉川先生とスタッフの方々に感謝します。ありがとうございました。また、生涯サポートに甘えて、これからもよろしくお願いいたします。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です