HOME | 吉川メソッドとは | 体験者との対談
& 感想文
| 卒業されたお客様 | ♯05 筋肉がつくと、心も体も行動も変える

♯05 筋肉がつくと、心も体も行動も変える

 

筋肉が行動的にさせてしまう

 

井関さん:そう言えば今日、
自分(田中さん)で食べた食器持っていってましたからね。

 

吉川:すごーい!!

 

田中さん:動きやすくなりましたよね。
自分でも動かそうと思うけれども、動きやすくなった、すっごく。
だから、先生が言われたように、筋肉がそうさせるっていうけど、
本当に筋肉がこれだけしっかりしてくると、
こんなに変わってくるのかなって、これは一番実感してる。

 

吉川:なるほど~!

 

田中さん:だから、来週ゴルフのコンペなんですよ、久し振りに。

 

吉川:あー、そうなんですか。
どれ位ぶりなんですか?

 

田中さん:半年ぶりぐらいだったかな。
で、練習もしてないんですけど、今までの流れからすると、
無意識に良い球が出てくるんじゃないかって。

 

一同:(笑)

 

吉川:あ、でもそれはありますよ。
僕、18ぐらいのときにゴルフしようと思って、
練習でとにかく1日200~300発打ってたんです。

 

で、周りの上手い人から教えてもらって手首がこうだ、
頭がズレているとか、ここは壁作ってとかよく言われてたんですよ。
でも、頭でわかっているのに直らないんですよ。

 

それが、2年間ぐらいたくさん打ちっ放しで練習したけど、
スコアも130くらいっていう高値で安定し始めて来ちゃったんですよね。

 

田中さん:高値だね~!(笑)

 

吉川:そうなんです。それでつまんなくなってやめちゃったんです。
それから15年以上経ったときにお客さんにゴルフに誘われまして、
えーっと(数える)17年ぶりにゴルフに行ったんですね。

 

マッスルコントロールができるようになると、
スポーツでの難しい動作が簡単にできるようになる。

 

で、一緒にコースを回ったレッスンプロの方の教え方が上手ってのもあるんですけど、
レッスンプロに言われたことが全部できちゃうんですよ。

 

うまいじゃないですか!って言われるんですけど、え!?っていうくらい。
自分でもビックリするぐらい言われたとおりにできちゃうんです。
以前は頭でわかっていてもできなかったのに。

 

なんでこれができるかって言ったら、筋トレによって身につく
マッスルコントロールという技術と神経伝達系の発達です。

 

筋トレの難しいところは、無意識に楽なフォームになるよう
全身を使って負荷を逃がそうとする部分をなくしていく作業なんです。

 

実は、これって最先端のロボットにもできないくらい、
人間の優れた機能なんです。

 

人間がバランスを取って勝手に出来ちゃうのは、
いちいち頭で考えていないからです。
僕がいまやっている筋トレっていうのは、
どちらかというと、制御づくしなんですよね。

 

肩上げない、頭上げない、腰動かさない、重心ずらさないとか、
制御、制御でやってったのが僕の筋トレなんですよ。
で、そうすると、ゴルフの時に制御ができちゃうんですよ。

 

僕はこれをマッスルコントロールって言ってるんですけど、
これができるようになると、ここは動かさずにここだけ動かすみたいな
難しい動作が簡単にできるようになるんですよ。

 

だから、そのときに行ったゴルフが、人生初の110とか出しましたよ。
まあ、それも高いですけど…130で安定してたんで(笑)

 

井関さん:じゃあ、できちゃうんですね。きっと。

 

吉川:たぶん、田中さん本人がびっくりされると思います。

 

井関さん:どうする、優勝しっちゃたら?

 

田中さん:過去に2回くらい優勝しているんです。運もあって。

 

吉川:へ~。でも、今はもう筋肉が付いてイキイキされているから、
運まで勝手に付いちゃうんじゃないですか?

 

田中さん:か~、来たな~!

 

一同:(笑)

 

 

(最終回) ♯06 成長することは、幸せなこと。