HOME | 吉川メソッドとは | 体験者との対談
& 感想文
| 平出さん夫妻 | ♯03 平出裕太さんが感じた他社と吉川メソッドの違いとは?

♯03 平出裕太さんが感じた他社と吉川メソッドの違いとは?

 

超楽で、実は続けやすかったローカーボ(糖質制限食)

 

吉川:色々なジムを経験された中で、うちを受けたときは最初どんな印象だったんですか?

 

裕太さん:最初思ってたのは、「きっと食事は他のジムと同じようにタンパクな感じで、
筋トレのメニューは違うのかな。」みたいには思って来たんですけどね。

 

吉川:で、実際はどうでしたか?

 

裕太さん:実際は食事が思ったよりも全然楽でしたね!食べるものがいっぱいあったから。
今はもう1年くらいローカーボをしてますが、全然楽ですね!
逆に何でみんなやらないんだって思います。

 

吉川:超楽ですよね。時間もカロリーも気にしなくていいし。

 

裕太さん:それで、カミ(美奈子)さんが協力してくれるっていうのもあるんで、それも良いですよね。理解もあるし。

 

美奈子さん:ノンフライヤーが便利なんで、毎日使っています。

 

吉川:ノンフラヤーは助かりますよね。奥さんも手間が掛からないから。
あと、平出家の朝は目玉焼きとウインナーが定番ですよね。

 

めっちゃ簡単で美味しいですからね。
たまに平出(裕太)さんが作ると空襲を受けたようなありさまになりますけど。(笑)

 

裕太さん:そうですね。(笑)
僕は量が食べられるからね。量はかなり食ってますよね。

 

吉川:かなり食ってますよね〜!

 

裕太さん:夜なんか鶏肉を600~700gくらい食べてるんじゃないかな。

 

吉川:しかも、ササミとかじゃないですからね。脂質の多いモモ肉とかね。

 

裕太さん:モモ肉と、手羽とね。しかも安いですしね。
それで、平日は豚しゃぶとか豚バラとも食べてます。

 

外食だとお金が掛かりますけど、自宅で食べるなら安いですからね。
だから長く今後も続けていくんだったら良いですよね。
他のジムは、あんなに厳しく食事制限やったら長続きしないですよ。

 

吉川:そりゃそうですよね。

 

裕太さん:その期間だけ見て、痩せさせれば良いっていうならいいかもしれないですけど。
長く続けていくんだったら全然…。
自分で深く理解した糖質制限食の方がいいですよね。

 

吉川メソッドの筋トレは辛い。だけではではなく・・?(笑)

 

吉川:筋トレはどうでした?

 

裕太さん:筋トレは辛いです。

 

一同:(笑)

 

吉川:いや。(笑)、なにか他社と違いがあったかっていうのを。(笑)

 

裕太さん:あ~!(笑)
やっぱり他のトレーナーも「フォームが大切、フォームを意識しましょう」って言うけど、
実際どうすればいいのか細かく言われないですからね。

 

吉川さんの指導は特別細かく、どうすれば筋肉に効くのかを
わかりやすく説明して、手作業でフォーム修正をするっていうのをすごく感じたね。

 

あと吉川メソッドに来て筋トレで分かったことがあるんですけど、
例えば自分で大衆ジムに通ったら、自分じゃ一生懸命やってるつもりだけど、
本能的に楽なフォームになっちゃいますよね。

 

吉川:なりますね。

 

裕太さん:そこにみんな気づかないでやっちゃってますよね。
もし、誰かに指摘とか注意されても本能的に楽なフォームになっちゃうから、
そこはやっぱり吉川メソッドに来て教えてもらうっていうのがメリットなんじゃないですかね。

 

吉川:そうですよね。

 

裕太さん:一生懸命やっても、結局無駄なことになっちゃうから。

 

吉川:そうなんですよね。それで悪いフォームだと効果がないばかりか、
最悪は怪我しちゃいますからね。

 

裕太さん:自分でやってても、悪いフォームっていってもわかんないじゃないですか。

 

吉川:わからないです。
例えば僕が平出(裕太)さんにこれだけ通っていただいて「じゃあ肘を横に広げてください。」とか色々言っても難しいじゃないですか。

 

で、僕がちょっと触って「こっちですよ」ってやるとできるようになる。
それぐらい自分だと難しいですからね。

 

裕太さん:そうですね。

 

吉川:自分でもかなり意識をして、それを正しく導いてもらわないといけないので、
本当はすごく難しいですよね。

 

裕太さん:あと、RZ社はインターバル1分ということで、終わったらすぐにタイムを計測して追い込まれている感じが嫌でしたね。

 

吉川:なるほど。
部位や種目によって回復時間は異なるので、本来はインターバルの時間は変わるものですし、
インターバルを短くすれば集中力が続かないので、フォームが疎かになってしまい、
よっぽどの上級者以外には不向きですね。

 

 

(次回) ♯04 初めて実感した筋肉の”バルクアップ”