【ありのままの自分でいい】そう言い聞かせてきたことが、吉川メソッドに出会って根本から変わりました。

生命保険料増額の果て…

仕事、育児、家事があるし、自分のことは後回し。見た目よりたくさん食べてパワフルでいなくちゃ!

2回の出産を経て、例にもれず産後太り。うなぎ上りに増えた体重はいつのまにか10キロ以上に!過去最大の体重を突破しても、「太ったけど元気なら、まぁいいか!」と何もしないままに太り続けていました。

「保育園の子供が2人いて、フルタイム勤務。仕事、育児、家事があるし、自分のことは後回し。まずは、見た目は気にせず、たくさん食べてパワフルでいなくちゃ!痩せることは、子供の手が離れてから色々考えよう。」

元来、食べること大好きで、子育てを理由に都合のよい理由を並べ立て、自分の体型は見て見ぬふりをしていました。出産後にまで美に対して熱心に取り組むことができる母親は、女優さんとか、見られることに敏感な完璧主義の余裕のある美意識の高い女性ばかりで、見た目にあまりこだわりのない自分とは無縁の世界と感じていました。

もともと運動と縁がなく、筋肉にも全く興味なし。20代の時に「ちょっと痩せたいな。」とスポーツジムに入会していたこともありますが、ほとんど通わずに半年ほどで退会して、「同じ費用をかけるなら、生命保険料にあてて、不健康になった時のために使おう!」と保険増額するようなタイプ。そんな自分が吉川メソッドにお世話になるとは夢にも思いませんでしたが、色々なタイミングが運良く重なりました。

2人目の出産から2年。アラフォーを目前に、老けたなぁ…と自分でも感じていた折、夫からも「その体型で健康に問題ないの?」と指摘を受け、仲の良い同僚から「いっちゃ悪いけど、見た目が劣化してる!」と言われショックを受け…。仕事の関係で20代の頃にお世話になっていた方々と再び会う機会も増え、変わり果てた姿で会うことが恥ずかしいという気持ちもありました。

ありのままの自分でいいと言い聞かせた思考停止から脱却するチャンスがやってくる。

このまま老いる一方だとどうなるのか…!?さすがにヤバイ? と、今さら焦りました。ただ、カロリー制限のダイエットは20代に半年ほど続けたことがありますが、独身時代の時間に余裕があった時のこと。今、そんな長期間を頑張り抜く気力はない。筋肉をつければ代謝が上がり痩せられるらしいけど、筋トレがよくわからない。地道に毎日ウォーキングなどの有酸素運動をする時間はない。ないないづくしで何をしたらいいのかわからず、やっぱり、ありのまま、このままでいるしかないのかな?と、また、思考停止になりそうな時、吉川メソッドに出会いました。

会社の上司が吉川メソッドで超短期間で見た目が引き締まり、健康になっている様子を目の当たりにし、そんな魔法のような方法があるの?と興味を持ったのが始まりです。詳しく話しを聞いてみて、よし、賭けてみよう!と思った理由は3つ。

1つは、「短期集中」ということ。期間限定であれば、スケジュールの都合もつけやすく、筋トレも週に2時間だけならなんとかなります。

2つ目は、体験者である上司からの「プロ中のプロに教えてもらうことで最短時間でゴールにたどり着ける」という言葉。とにかく時間を効率的に使いたいと感じてましたし、プロならなんとかしてくれるかも!と期待値も上がりました。

3つ目は、色々と営業されないということ。痩身系ジムでよく聞く、プロテインの追加購入のオススメとかそういうものがないと体験者から聞けたのでその点で安心しました。

とにかく、プロに任せてなんとかしてもらおう!そんな他力本願な考え方から、アラフォーを目前に吉川メソッドをスタートさせました。

出産並みの衝撃体験が続々と。

何のために?どうして?を理論的にわかりやすく説明してくれるので、納得した上でスタートできた。

吉川メソッド初回、マッチョなスタッフの方を見て場違い感を感じ、自分みたいな筋トレ無縁の者がきて本当に大丈夫なのか…と不安になったものの、最初の30分ほどで解消されました。はじめに、方針や食事法などの説明をきちんとしてくれて、しっかりしとした理論と実績に基づいて導いてくれると理解できたからです。

はじめから、「ここの筋肉をつけましょう!さ、筋トレ、筋トレ!」というような指導だったら、何のために?どうして?よく分からない…となるところでしたが、食事方法と短期集中で結果を出すための裏技、なぜ短期集中を目指すのか、痩せるメカニズムなど、エビデンスに基づいた理論とすべきことを知ることができ、こういう考え方で2ヶ月間頑張ればいいんだ…と文系の自分も納得した上でトレーニングを開始することができました。

食事法も難しいことはなし!糖質制限ということでしたが、食べるものに気をつければよいだけで、カロリーは気にせず、大好きな肉や卵、チーズをたくさん食べてよいので、すんなりと日常生活に取り入れることができ、自分に合っていました。

これまで、「人は基本、体を動かすエネルギーを食べ物として摂取すればいい。それに加えて、肌とか腸の調子をよくしたい人は食物繊維等を意識して食べる。」と考えていましたが、これが大間違い。はじめに説明してもらった食事理論は、これまで私が考えてきた食事の基本とは違う事実が次々と出てきて目から鱗状態でした。

食事は体をつくる材料を摂取するのが正解だと教えてもらったことで、無意味で有害な食べ物をあえて摂取する気がなくなり、むしろ食べるごとにもっと自分の体のためになるものを食べたいという欲求が湧き、何を食べるか考えて食事をすることが楽しくなりました。そのため、以前よりも料理をするようになり、家族にも喜ばれました。

1日1回の食事報告は、はじめは面倒と感じましたが、やり始めるととても有効であることに気づきました。実際、食事法を教えてもらって日常に取り入れはじめても、この食事法が正しいのかどうか、確信がもてないと続けにくいんですよね。でも、そこを毎日のサポートで「それでよし!」と背中を押してくれます。

さらに、「外食時でもこれがおすすめ!」とか、「こんな食材がありますよ。」と、細かく新しい知識を日々アップデートしてくれます。今は、糖質コントロールの考え方が普及してきているので、便利な商品もたくさんあり、そういった商品についても色々と教えてくれました。友人とのイタリアンレストランでの食事の際も、事前にメニューを見てもらい、どんなメニューをどういう風にオーダーすればよいかまでアドバイスをもらえたことは本当に助かりました。

筋肉ってそんなに簡単につくの!?やり方ひとつでこんなに身体が変わることを実感しました。

そして、筋トレ。未知の世界だったので最初は不安だらけでした。初回と2回目のトレーニングを受けた後は、全身筋肉痛で歩くのにも笑ってしまうほど!筋力0レベルからのトレーニングだったので、疲労感と精神的衝撃は出産並みでした。決して派手な動きをするわけではなく、たった10回ほど動かしているだけなのに、フォームを修正してもらいながら教えてもらう通りに動くだけで、確実に筋肉に効き、お腹も脚もプルプルいいます。

初回の2回で心が折れそうになったのですが、「つらいと感じるのはみんな2回まで。あとは筋肉がついてくるから大丈夫ですよ。」と言われ、「本当に?そんな簡単に筋肉ってつかないんじゃないの?」と不安になりながらも信じて続けてみると、実際3回目以降は大丈夫でした!

回を重ねるごとに以前はできなかったメニューが少しずつできるようになり、確実に筋肉がついていることを実感することができるようになると、筋トレをしたあとの爽快感さえ感じることができるようになりました。筋肉痛がくる度に「今、筋破壊がおこり筋肉がついてくるんだ!」と前向きにとらえられるようになり、これまでつらいだけの筋肉痛の存在が喜ばしいものに変わったことも面白い変化でした。

週に2回、2時間。インターバルを除けば、実際筋トレをしていた時間は週に1時間強だったと思いますが、それだけで確実に筋肉がつき、見た目が一気に引き締まりました。実践したから分かることですが、短時間を無駄なく集中して取り組め、効果を実感できるので、初心者こそ“プロ中のプロ”にしっかりと筋トレの基本を教えていただくべきだと感じました。

体が変わると心が変わる!は本当だった…。さらに周りも!?

子供からはママだと認識されるようになり、夫は、急に優しくなりました(笑)

2ヶ月間、吉川メソッドに取り組んだ成果は歴然。周囲も自分自身も驚くべき変化をもたらしました。5年前の妊娠出産前に着ていた服が着られるようになったどころか、少しゆるゆるに!はめていた時計もサイズをつめなくてはいけなくなりました。

健康的な食事法を続けたおかげもあり、むくみもすっかり解消され、妊娠以来太り続けてつけることができなくなっていた結婚指輪もはめられるようになりました。

周囲の反応も面白いものでした。4歳になる息子に、「トレーニング開始前」、「1ヶ月後」、「2ヶ月後」の3つの写真を見せると、「1ヶ月後」まではママだと認識してくれましたが、「トレーニング開始前」の写真は、本気で「知らない人」と答えます。

仕事場でも同僚達とすれちがう度に「変わりすぎて、本人と気付かなかった!」「どんどん小さくなっていく!」と声をかけられました。ただ痩せるだけでなく、筋肉をつけながら体重を落としたことで、「痩せたけど大丈夫なの?」といった声は一切なく、「何してるの?教えて~!」という反応しかありませんでした。

さらに、面白かったのが夫の反応です。はじめは、「また、なんかにハマりだしたよ。いつまで続くかね。」と冷めた目でみていたのですが、1ヶ月、2ヶ月と見た目がガラリと変わったことで衝撃を受けたようです。

急に優しくなり、褒められたり、「ありがとう。」と言われる機会も増えました。食事法について説明したり、トレーニングの話しなど、共通の話題も増え、日常生活にまでよい影響がでたことは想定外でした!

楽観的ダメママから戦略的な母へ!

本当のありのままの自分とは、マイベストを目指すことだと気づきました!

2か月間のトレーニングを終えて、強く実感することは、吉川メソッドに出会えたことが人生の大きなターニングポイントになったということ。

姿勢がよくなり、肌の調子もよく、味覚がするどくなるなど、見た目や感じ方の変化は書ききれないほどですが、一番自分にとってプラスだと感じるのは、やはり考え方が変わったことだと思います。

トレーニング開始前は、“ありのままに”という言葉が好きで、太っていても何でも、自分が自分らしくいればいいじゃないか!と、思っていましたが、 やらない自分を正当化していただけだと気づかせてくれました。断然、今の方がいい。なすがままではなく、何事も努力して戦略的に導いてく。そんな考え方のほうが素敵です。

トレーニングを終了して 1ヶ月が経った現在では、教えてもらった食事法を健康のために引き続き実践しつつ、朝子供達が起きてくる前に自宅で筋トレをしたり、読書や料理をしたり、戦略的に自分時間を楽しむようにしています。

子育て中で時間制約があるからこそ、あらゆるシーンを活用します。仕事をしているときの姿勢、通勤中の階段、子供達と体をつかって遊ぶことも増えました!子育て中だから、時間がないからを言い訳にせず、二児の母でも正しい方法を知り、前向きな考え方を身につければ、劇的に変われるということにやっと気づき、勇気づけられました!

こう考えられるようになったのは、吉川メソッドで 2ヶ月間の超短期で圧倒的な成果を出すことができたから。あと、トレーニング中の手厚いサポートのおかげです。トレーニング中は、教えてもらった本を読んだり、ネットで色々と調べたりもしました。が、ネットには間違った情報も多く、その度にしつこいほど質問をしました。

どんな質問にも、生化学に基づいた圧倒的な知識と長年の指導と実体験から築かれた知識から的確でブレない返答をしてくれ、正しい考え方を徹底的に教え込まれたことがトレーニング終了後の継続にもつながっています。

あと、トレーニング中で好きだったのが、「マイベストを目指しましょう!」という言葉。目標体重の設定がなかったので、「必要ありませんか?」と聞いたと時、「他者と比較したり、誰それのような体型になりたいというのではなく、自分の骨格にあったベストを探りましょう。」と教えていただきました。

ついつい周りの人と比較しがちな世の中で「マイベストを目指す」という考え方がとても素敵で、 2ヶ月のトレーニングが終了した現在も焦らず楽しんで筋トレ生活を続けることができています。また、筋トレだけでなく、日常生活で、育児でも仕事でも、より穏やかに過ごせるようになったと思います。

家族のためにも、アクティブな老後を目指す自分自身のためにも、一生続けられる健康法と戦略的に人生を導く正しい考え方を教えこんでくれた吉川メソッドに心から感謝です!!!

T様のビフォア&アフター(2ヶ月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です