牛肉は高カロリーで、ダイエットには向かない食材である?

t02200156_0640045313029924491
こんにちは。吉川メソッド店長の中村悠子です。
「牛肉は高カロリーで、ダイエットには向かない食材である?」
そんな事はありません。

実は牛肉こそ筋肉造りとダイエットに向いた食材です。

人間の体は、筋肉はもちろん髪の毛・皮膚・血液・爪・内臓・遺伝子まで、
ほとんどがタンパク質で出来ています。

筋肉を効率良くつけるためには正しい筋トレと
筋肉の材料であるタンパク質の摂取 がかかせません。

タンパク質が十分に摂れないと、時には足りないエネルギーを得るために
筋肉を分解してしまうこともあるので、
良質のタンパク質はむしろしっかり食べないといけません。

「ではどんな牛肉でも良いのでしょうか??」

ダイエットに向いた牛肉は輸入牛の赤身肉です。

輸入牛の赤身肉は脂質が少なく、意外とカロリーは低いです。

とくに もも、ランプ、ヒレの赤身部分は油も少なく、
筋肉作りに必要なタンパク質、亜鉛、ヘム鉄、カルニチン、ビタミンBなどが
豊富に含まれるのでおすすめです。

ただ、実は国産牛はどんな部位でも脂質の含有量が非常に多く、
とても高カロリーなので ダイエットにはおすすめできません。

たとえヒレの部分であっても脂質は多く含まれ、
なんと輸入牛と比べるとカロリーは3倍近く多いこともあり、
カルビのように霜降りの部位であれば、輸入牛のヒレ肉のような赤身肉と比べると
7倍近いカロリーになることだってあります。

ですので、ダイエット中の方は脂質の低い輸入牛の赤身のお肉がおすすめです。

「お肉は太る」と思っていた方には朗報ですね!

人類は700万年間の歴史の中、そもそも699万年間もの間、
狩猟を行い肉食主義としてお肉(タンパク質)を主食としてきました。

つまり、人類の歴史から見ても、
人類にとってお肉(タンパク質)は大事な栄養源ですし、
実は人類の体にあった食べ物なのです!

ダイエットをしたい方こそお肉をしっかり食べましょう。


吉川朋孝先生がつづるブログはこちら
《吉川朋孝 筋トレの教科書ブログ》

吉川メソッド公式ホームページはこちら
《吉川メソッド オフィシャルサイト》


 

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2014.10.11

    アイスと僕
ページ上部へ戻る