久しぶりのマクドナルド!寝ている人多くない!?

こんにちは久しぶりのマクドナルドで、コカコーラzeroのSサイズ(100円)を注文して、1時間のフリーWi-Fiを使わせて頂いた中林です。←紹介長ってか、その前にイヤな客ですね〜

さて、先日久しぶりにマクドナルドに行った中林ですが、店内で寝ている人の多さにビックリしました

時間帯は夕方くらいだったのですが、皆さん疲れているのでしょうか…。

疲れているのもあると思うのですが、きっと糖質をたくさん食べたからだろうな〜と思いました。

糖質をとって眠くなるメカニズムは明確にはわかっていないようなのですが、食後に血糖値が上がっていくときに眠気を感じたり、血糖値が落ちたときにも眠気を感じるそうです。

つまり、血糖値の変動幅があると眠気を強く感じてしまうわけですね。

僕も糖質を食べまくっていたときは昼寝をたっぷりしていましたが、寝ても寝ても怠く、夜の就寝時間になったら寝られないという悪循環を何度もしてきました。

また、朝の電車通勤の際は100%寝ていました。

寝たくて仕方がなかったので、誰が次の駅で降りそうなのかを予測して、その方の前に行き、「降りてくださいお願いします」と強く念じていました。

予測が外れたらめちゃくちゃイライラして、朝から最悪な気分になっていました

ですが、今では逆に、日中に眠くならないのが悩みでもあります。

たまに落ち込んだ時はもう少し眠りたいみたいな心境になるのですが、「寝よう!」と思っても寝られなくなりました。

それは糖質を摂らなくなったからだと思います。

糖質を摂ると食後の血糖値の変動は避けることができないので、この変動幅が大きいほど眠気を感じたり、精神や気分のアップダウンにも影響します。

糖質を摂って血糖値が上がったら快楽物質のドーパミンもでるので、一時的にハイになる感じがしますが、血糖値が落ちたらイライラしたり、攻撃性や興奮作用の強いアドレナリンもでるので、心の乱れに繋がります。

なので、日中の無駄なイライラ感や、過剰な眠気に悩みがある方は、糖質を抑えて頂く方法がオススメです 今となっては糖質は睡眠薬にも見えてきました…。


Webからのお問合せは吉川メソッドオフィシャルHPまで
http://www.yoshikawa-method.co.jp/

お電話でのお問合せはこちらまで
03-6450-4405


7552
yblog
life


吉川メソッド公式ホームページ
http://www.yoshikawa-method.co.jp/

Facebook
https://www.facebook.com/YoshikawaMethod

Twitter
https://twitter.com/y_method

Instagram
https://www.instagram.com/yoshikawa_method_official

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2014.10.11

    羽深の無意識
ページ上部へ戻る