某YouTuberさんが、炭水化物を抜きすぎるのはヤバいと。いやいやそれは…(^_^;)

こんにちは!TVで森山直太朗さんの夏の終わりを聴いてから数日間、毎日YouTubeで聴いている羽深です(^^)

先日、某筋肉自慢のYouTuberさんが炭水化物を完全にカットするとどうなるか?という検証をしていました。

コンテストに出る直前で減量の一環としてやっていたようなのですが、炭水化物を抜くとこうなるのでみなさんも気をつけましょう的な〆でした。

その症状が↓

①肌がかさかさになる
②物事を考える能力が薄れる
③普段の7割しか力が出ない

ん〜、完全にカロリー不足(脂質不足)の典型的な症状ですよね…
この方は減量の末期ということで、肉などの脂質も徹底的にカットしていました。
なのでタンパク質、脂質、糖質の三大栄養素でいうとタンパク質のみを摂取していた状態ですね…。

まず、①の「肌がかさかさになる」について。
そりぁ、細胞膜の材料になり、ホルモン生成に欠かせない重要な栄養素の脂質を完全にカットしてしまうと、肌はカサカサになってしまうでしょうね(>_<)
逆に脂質をしっかり摂って炭水化物(糖質)を徹底カットすれば、肌の調子は目に見えてよくなりますよ!

②の「物事を考える能力が薄れる」も単純にカロリー不足でボーッとしてしまっているのだと思われます。
正しい糖質制限をやれば分かりますが、食後の眠気は来なくなりますしむしろ集中力は増します!
また、脳はケトン体を好んで使いますので、脂質は重要です。

③の「普段の7割しか力が出ない」に関しては、普段バンバン炭水化物を摂っていた人がいきなり糖質をカットすると、筋肉のエネルギーであるグリコーゲンの供給システム(糖新生)が鈍っているので初めのうちは力が出づらくなります。
ただ、糖質制限を長くやっていると糖新生(グリコーゲンを体内で生成するシステム)が活性化されているので、問題なく力を発揮できるようになります!
吉川先生も羽深も今では、糖質を摂っていたときより力が抜けずに最後まで粘り強く力を発揮できているのを実感しております。

あと、糖質カットをすると筋肉が明らかに細くなったと感じる方が多いですが、それは糖質を摂っていたときに筋肉内にサシとして脂肪がたくさんあったものが、単に取れただけです。浮腫もなくなりますし。
つまり、本来の筋肉の太さになっただけですね。※市販の体組成計の筋量測定はおもちゃのような機能なのであてになりません。

競技として身体作りをしている人達はバルクアップ期にものすごい量の炭水化物を摂っては減量になるとカットするというような調整をすることが多いと思います。
なので、健康のためにローカーボ(糖質制限)をしている人とは全く別と考えていただいた方がいいですね!

こういった動画を見られたローカーバーの方もいるかもしれませんが、安心して糖質制限を続けて行きましょう!

健康のタメに!!


Webからのお問合せは吉川メソッドオフィシャルHPまで

https://www.yoshikawa-method.co.jp

 

 YouTube チャンネル登録はこちら↓
https://www.youtube.com/channel/UCAkuFUvLZfJZiSdNZPC8fXg

 書籍
https://amzn.to/2HoXH55

 吉川朋孝 筋トレの教科書ブログ
https://yoshikawa-method.co.jp/wp/

 フェイスブック
https://www.facebook.com/YoshikawaMethod/

 インスタグラム
https://www.instagram.com/yoshikawa_method_official/

 ツイッター @y_method
https://twitter.com/y_method

 トークアプリ755の吉川朋孝のトークルーム(3部屋)
https://7gogo.jp/users/YK4LB3Obkyrs

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2014.10.27

    S様の進化
ページ上部へ戻る